じぇにさん的備忘録

自分のためだけの備忘録 2015年〜

滝沢歌舞伎2018《三宅健》

f:id:jenisan:20180624142010j:image

 御園座 1階席最上手ブロック

御園座は噂通り真っ赤だった。

トイレも真っ赤。

新しい建物なのでとてもキレイ。

シートの座り心地はよかった。

私の席はななめ前の人の頭で少し見えづらいところがあったけどそれ以外はよく見えた。

 

初めての滝沢歌舞伎。

ジャニーズの舞台で一度は観てみたいと思ってた舞台なので観劇できただけでとても幸せ。

健くんは下手側が多かったけれど肉眼でハッキリみえた。

V6の中ではどちらかというとかわいいポジションの健くんだけど、滝沢歌舞伎の健くんは本当にかっこいい!!!

ダンスはキレキレだし、表情は覇王だったり切ない感じだったりカワイイ感じだったりで健くんから目が離せなかった。

今までみたことがない健くんをみることが出来てとても幸せだった。

初めてみる生タッキー。

健くんが「素材がいい」って言ってたのがよくわかった。

正統派ジャニーズの王子様。

王子様って言葉では足りないくらい存在感があった。

とてもきれいなタッキーのフライング。

安定感があってうっとりするくらいきれいなフライングだった。

お化粧タイムの二人のトークや鼠小僧のお芝居や腹筋太鼓・・・見所がいっぱいで目がいくつあっても足りない><

何度でも観たくなる気持ちがよくわかる。。。

2階席とかぶっていたので小判は諦めていたけど隣の席の友人と私に一枚ずつ御園座仕様の小判が舞い込んできた。

何かいいことありそう(#^.^#)

 

 

 

 

 

Sexy Zone repainting Tour 2018《Sexy Zone》

大阪2公演。

Sexy Zoneでは初めてのデジチケ  。

本人確認・手荷物確認なし。

 

f:id:jenisan:20180421024018j:image

 1日目スタンド上段。

会場全体が見渡せる。

スタトロが近くを通ったのでとても近くでメンバーを見ることが出来た。

上段と言っても大阪城ホールなのでそんなに遠く感じることはなく上から見る景色を堪能できた。

「フィルター越しに見た空の青」の演出のシャボン玉がとても幻想的で素敵。

他の会場ではシャボン玉ではなかったみたい。

2日目アリーナ

センターステージの近くで私的には神席だった。

MCの時、近くにいたマリウスのセクシーさにビックリ。

去年からの成長に驚いた。

そして、間近で見れた健人くんは本当にアイドルだった。

自分の見せ方が本当に上手い。

去年の夏ぶりの「Mission」に大興奮。

ステージに近かったので健人くんが歌い出し前に喉の調子を整えているところや「忘れられない花」の出だし"Flower"で前に行くときに狭かったのか他のメンバーの立ち位置を後ろからさりげなく調整している様子が見れた。

 

「Kiss You Good-Bye」から「Pheromone」の流れがブロードウェイを思わせるような演出で素敵だったし圧巻だった。

前日スタンド席でみて感動した「フィルター越しに見た空の青」。

アリーナだったので頭の上にいっぱいシャボン玉が降ってきた。

この曲はスタンドで見た方が素敵だと思う。

「Sing along song」は勝利のギターと風磨の歌声が心地よく会場も一体となってすごく良かった。

「Silver Moon」のペンライトの演出は幻想的で感動した。

今回のペンライトを買ってよかったと心の底から思う演出だった。

 

今回のコンサートは《見せる》コンサートだった気がする。

私のセクゾの現場は大阪で終わり。

気が早いけど今から円盤化が楽しみ(≧∀≦)

 

デジチケ 覚書

嵐のコンサートのデジチケとSexy Zoneのコンサートのデジチケの大きさ比較。

f:id:jenisan:20180403081805j:image

嵐のデジチケの方が横に長い。

紙の質感は同じ。

プリントされてる内容、順番も同じ。

☆ツアータイトル

☆日時

☆座席番号

☆会員番号・管理番号

 

嵐のデジチケはフォトアルバムに横向きには入らないので縦に収納

 

セクゾのデジチケはコピーをしてラミネートをしても横向きに入るので紙チケと同じように横向きに収納。

 

f:id:jenisan:20180403084332j:image

 

デジチケに関してはどうやって保管するのが正解なのかわからない><

これからも試行錯誤が続きそう。

試行錯誤が続くくらい当選できればいいなぁ。

 

セクチャン ロケ地巡り@5人で水いらず東京観光!

<スカイバス>

f:id:jenisan:20180325014127j:image

東京タワー・レインボーブリッジコース

夏の天気が良くない日に乗ったので停車中はかなり蒸し暑かった。

途中で雨が降ってもいいようにカッパが配られた。

高速を走っているときはスピードと高さで少し怖い。

ガイドさんのお話もわかりやすくて楽しく観光できた。

 

<竹の子>

f:id:jenisan:20180325014112j:image

芸人さんのお母さんが経営されている自分でもんじゃを作るスタイルのお店。

放送でもメンバーが自分たちで作っていたけれど私たちも自分で作って食べた。

人生初のもんじゃだったので自分で作ったもんじゃがちゃんと出来ていたかよくわからず食べた。

お味はとてもおいしかった。

5人が食べていた席は予約済みだったので、同じ席に座りたかったら予約した方がいいかも。

 

ロケ地巡り@佐藤勝利

玉ひで

f:id:jenisan:20180325013459j:image

勝利くんがおいしそうに食べる姿を見て一度食べてみたいと思っていた親子丼。

平日の13時過ぎに行ったので並んだのは15分程度。

いろいろ話しながら食べたかったけれど相席だったので黙々と食べた。

(相席でいいか確認されることなく相席になる><)

おいしかったけど個人的には今井屋の親子丼の方が好み。

 

<香川一福>

f:id:jenisan:20180325013513j:image

櫻井・有吉THE夜会」で梅沢富美男さんと食べていたうどんをいただく。

店内の撮影はNGだけど料理の写真はOK。

麺もおいしいけど肉うどんの肉が本当においしい。

肉とダシとうどんのバランスが絶妙。

16時くらいに行ったのでお客さんは2~3人くらいだった。

 

丸亀製麺

f:id:jenisan:20180325013527j:image

こちらでも「櫻井・有吉THE夜会」で梅沢富美男さんと食べていた釜玉うどんと親子丼をいただく。

こしがあってとてもおいしかった。

期待していなかった親子丼がおいしくて得した気分になった。

 

 

私的デジチケ保管方法

紙チケットはフォトと一緒にアルバムに保管。

f:id:jenisan:20180203202720j:image

チケットとフォトを見ながら思い出に浸る(笑)

 

デジチケは時間経つと印字が薄くなり消えてしまうと聞いたので自分なりに保管方法を考えた。

とりあえず両面コピー。

コピー用紙が薄くペラペラして不安だったので、ダイソーで買った手貼りラミネートを使って補強。

次はもう少し厚みのある用紙にしてみよう。

f:id:jenisan:20180203203200j:image

 

デジチケの原本は封筒に入れてなるべく光が当たらないように。

デジチケの原本とラミネートしたチケットのコピーを同じページに保管。

f:id:jenisan:20180203203756j:image

 

次のページにフォトを入れてチケットの裏面が少しだけど見えるようにしてみた。

f:id:jenisan:20180203203946j:image

 

これでいいのかわからないけどしばらくこれで様子を見てみよう。 

思い出は見える形で残したい派なので印字が消えないようなものに変えてほしいなぁ。

 

ARASHI LIVE TOUR 2017-2018「untitled」《嵐》

大阪公演

スタンド下段 本人確認・手荷物確認なし

 

f:id:jenisan:20180127090318j:image

 

 初めてのデジチケ。

ちょっとドキドキしたけれどビックリするくらいスムーズに入場できた。

やっぱり嵐はすごかった。

ステージから近くても遠くても楽しめる演出。

ペンライトの演出は圧巻だった。

今回楽しみにしていたのはユニット曲。

もちろん全部よかったけれど「UB」はカワイイが溢れすぎて自然と「かわいい」って声が出てたらしい(←同行者曰く)

曲も歌もよかったけれど何よりもダンスがかわいかった。

じっくり見たいので1日も早く円盤化してほしい。

「Song for you」は短編映画を観ているような不思議な気分になった。

感動して思わず涙が出た。

5人が好きすぎて感情が忙しかった><

 

少し残念だったのはファンのマナー。

銀テープを取りに席を移動する人、規制退場のアナウンスが流れてるのに守らない人がすごく多かった気がする。

銀テが欲しい気持ちも早く帰りたい気持ちもわかるけど嵐さんが悲しむ事はしてほしくないなぁと思った。

 

とにもかくにも怪我も病気もなく無事にツアーが終えられて本当によかった。

毎年ツアーがあるだけでも本当にありがたいことだと思う。

なので入れるときはどんな席でも全力で楽しもう。